2008年05月31日

トラウマ?

夕方の散歩に行こうと玄関を開けた

開けて・・・まずはいつもの通り隣のワンが吠え立ててくる
チェーンをピーンと張って「ガウガウガウガウウウーーーーーー
ワンワンワンワンガウウウウウウゥゥゥゥゥーーー」

でも、何か自分の中で・・何だ?何だろう?この感じ・・・

と思ったそのとたん・・ブツンッ
チェーンから首輪が外れた


噛まれる!!!!!とっさにラブとつららを玄関の中へ!
扉を閉める!危機一髪隣のワンの鼻っつらをかすめて閉まった!


ドアの外では威嚇しうなっている

落ち着け自分!


まただ・・・こんな風にして前回つららはお腹を噛まれて
歯が貫通し内側で皮膚が剥がれ出血した
ラブにいたってはもう数回噛まれている


隣に電話して離れた事を伝えた・・までは良かった

いやいや繋いだだけでは安心して再度散歩にも出れない
ハウスの中に入れてもらうようにもう1度連絡しよう・・と思い
電話を取った・・


あれ?・・・・・・・手が震えているんである・・・
それはどんどんひどくなっていき・・
電話のボタンすら押せない状態にまでなっていった

これは?やばい?
とりあえずダンナに電話をする・・
ボタンを押す場所も定まらずにものすごい時間がかかる
ダンナが出る・・・声を聞いた時には声はふるえ泣き出していた


これには自分もびっくりした


以前つららが噛まれたとき
玄関に逃げることができなかった
つららからワンを引き離し、片手でラブとつららのリードを持ち
もう一方の手で暴れ狂う隣のワンを必死で押さえた


近くにいるチビッコに「誰か呼んでー!!」と叫びながら
飼い主をも噛むその子を力の限り押さえたんだった
腕が上がらないほどの筋肉痛になったもんだ


その時の思いが、次第に思いだされたんだろうか・・
場合によってはつららは死んだかもしれないという思いが
蘇ったのか・・
あの時たった1匹のワンからですら、つららを守ることができなかったという思いか・・


散歩は皆が帰ってから一緒に行ってもらおう・・と思って数時間・・
テレビを見て笑ったりしてるし、もうすっかり落ち着いた・・
かにみえた・・


下の子を迎えに行くべく階段を下りていく私・・
半分も降りて玄関へ・・足が震えてガクガクしてる・・

これまた・・????


自分はしっかりしているつもりでも体が震えるって・・
トラウマ?か?

ニックネーム ラブつらら at 10:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする